【奈良】玉置神社&天河大辨財天社参拝ツアー:玉置神社

 

ツアー当日は、さわやかな快晴✧*
主催者さん+参加者3名でのツアーとなりました♬
 
なぜに、この日の参加だったのか――。
お日柄的なことなのかと思っていたけれど・・・。
参加者の中に、私が引っ越したいと思っている場所からいらした方が!!
まさに、遠路はるばるで・・・。
お日柄もあったのかもしれないけど、この方が参加するからだったのかも!?笑
 
 
 

玉置神社への道中

玉置神社へは、大阪から約時間。
奈良の山奥にあります。
 
緑が深い山道をひた走って行くのですが、山やダムや川の景色がとっても美しい✧*

森が大好きなので、緑が深まるにつれ、とても気持ちがよくて癒されました(*´ω`*)
 
一般道から、玉置神社へ分かれる道があり、そこからは一層険しい山道が続きました。
車が1台しか通れないような細いらせん状の山道を、ぐるぐる登っていきます。
 
運転に慣れた人でも、初めて行く方だとかなり気を遣うような道です。
また、普段は平気でも、急回転が続く道中、車酔いしそうになりました(>д<;)
 
 
 

玉置神社の本殿へ

視界に時折開ける爽やかな景色を見つつ、急勾配を登りきった先に―――。
玉置神社の鳥居がお目見えしました!

 
鳥居をくぐると、緑の木々が生茂る歩道が続いています。

瑞々しい緑に包まれ、あちこちで会話するようにさえずる鳥の声が響き・・・。
まるで、早朝にリゾート地の遊歩道を歩いているかのような、清々しい気分になりました。
 
 
10分ほど歩くと、さらなる鳥居が見えました。

左右に分かれた道は、どちらも本殿へと続く道。
 
左側が近道で、途中には菊理媛神が祀られています。

 
 
行きは、右側の鳥居を進みました。
 
鳥居をくぐると、一気に気配が変わります。
厳かな気が漂い、鳥のさえずりも一切聞こえなくなりました。
 
 
しばらく歩き、本殿に着きました。

参拝時、ちょうど御祈祷中でした。
それとは別に、祝詞を上げていらっしゃる方も・・・笑
 
 
参拝した後、口当たりのよい御神酒をいただきました。

 
 
 

玉石社から頂上へ

本殿から少し歩いたところに、玉石社があります。

 
玉石社は、玉置神社の由来となった玉石が安置されている社。
 
これが、玉石です!

木々の間に、ありました。
囲いの裏手側からも、よく見えました。
 
 
ここからさらに石段と道なき道を登り―――頂上へ!

 
山頂からの眺め✧*

見晴らしのいい景色とはいきませんが、達成感はありました✧*٩(๑>◡<๑)۶
 
頂上まで登るならば、スニーカーよりもトレッキングシューズのほうが安心です。
特に、雨後の場合、 斜面はかなり滑りやすそうでした。
 
 
 

玉置神社のご神木

玉置神社には、至る所にの大樹があり、天高くそびえています✧*
中には、樹齢推定3,000年!のご神木もありました!
 
夫婦杉

 
神代杉

 
いわれ杉

 
大杉

高さ約50m!!
見上げる高さに、圧倒されます!!Σ(゚Д゚,,)
鳥のさえずりを聞きながら、自然の中でしばし佇みたくなります(*˘︶˘*).。.:*♡
 
 
 

玉置神社のお守り

様々な種類のお守りお札等が販売されていました。
 
本殿の近くにあった表示。

 
この表示にちなんだお札ということで―――

持ち歩き用の製のお札を購入しました。
和紙製のものもありました。
 
 
この後、五十鈴で有名な天河大辨財天に行く予定だったので、の購入をやめたのですが――
鈴の種類が全く違った!!(。>﹏<。)
とても澄んだきれいな音色だったので、購入すればよかったです・・・。
 
 
 

奈良の山奥に鎮座する玉置神社

導かれた人しか辿り着けない神社―――。
嘘か真かは知りませんが、奈良の山道をひた走り、険しい山道を越える道程を考えると・・・
カンタンに行ける神社ではないかもしれません。
 
ですが、深い森や山に囲まれ、あちこちで鳥の声が聞こえる自然豊かな環境。
ひっそりと、厳かながら、ドンと構える社。
小さいかと思いきや、広くて見所が多い神社でした。
 
熊野三山へ参る際には、ぜひ訪れてみてください。